ブログ

Home > ブログ > 

デザインQだより【8月号】

画像1

今月のテーマは「最後の晩餐」です。

人生最後の日にどーしても食べたいものとは?

 

 

 

画像2

梶原です。年齢のせいもありますが、欲求が薄れたのと好きだったものがもうこの世からなくなったりで
最後の晩餐は、その瞬間家族で一杯のめてたら満点ですかね。
一応、最後の晩餐候補上げときます。
1.死んだばーちゃんが、しめたての鶏を七輪で焼いてくれたもの。
2.皿いっぱいのレバ刺し(もちろんごま油塩で)。
3.二日酔い明けの大盛ざるそば。
4.ロッテリアのシュリンプバーガー。
5.小倉のちっちゃな食堂の丼についてきてた、お椀のミニうどん。
6.大橋にあった焼肉武蔵のもつ焼きそば。
候補の殆どが記憶の中だけで生きる一品で、二度と食べる事はできません。
ロッテリアも春日公園店も大橋店もなくなり、どこかにまだ生き残ってるのかな?
ごちそうさまでした。

 

 

 

画像3

田中:最後の晩餐
人生最後に食べたいもの、好きな食べ物なら鶏の唐揚げです。
最近は量食べれなくなったけど、やっぱり好きですね。
そして、お酒はビールでしょう!生ビールで決まりですね!
田中

 

 

 

 
 

画像4

グレッグ:最後の晩餐はチーズフォンデュです。
スイス人だから最後に自分の国の料理を食べたいと思います。

 

 

 

画像5

秋山:最後は和食がいいかな...と考えた時に秋刀魚の塩焼きが浮かびました。
白いご飯に秋刀魚の塩焼きにお味噌汁が食べたいです。

写真は祖父母の家の七輪で焼いた秋刀魚で、
家のコンロで焼いたものとは違いとても美味しかったです!

 

 

 

画像6

浜口:最後の晩餐は、
最近全然食べてない鰻です。
食べたい食べたいと思って一年くらい食べてない気します。
明日死ぬなら今日食べます。
寿司と焼肉とカレーとラーメンも食べます。

 

 

 

画像7

江島:最後の晩餐で食べたいメニューは「オムライス」です。

明日を気にしないでいい状況ならば、
カロリー過多なラーメン(小倉北区にあるとんかつラーメンとか)も考えましたが、
家庭的なオムライスでほっとしたいな〜と思いました。

 

 



 

 

画像8

渡辺:最後の晩餐は母の料理です(*^_^*)
手の込んだ料理なんて作れない母でしたが
どの料理もとても美味しくいつも幸せな時間でした。
母の味を私も受け継いでるはずなのにどう言うわけか
私の料理は子供達に不評です(;・∀・)

 

 



 

画像9

画像10

宮崎:最後の晩餐でしたら普通では終わらせたくないので、豪華客船に乗り
フルコースを食べてリッチな気分を味わいたいですね。

 

 

 

 
 

豪華な食事と家庭的な食事とに大きく分かれ、
意外と興味深い結果になりました。

一覧へ戻る