ブログ

Home > ブログ > 

デザインQだより【4月号】

画像1

先月の卒業の思い出に引き続き、
入学式の思い出をお聞きしました!

 

 

 

画像3

梶原卒業式同様、思い出に残る入学式は、高校の入学式。
普通の公立高校だったが、創立まもない高校であほのごと風紀の厳しい学校でした。

高校入学時はちょうどチェッカーズ全盛期の頃で、ボーカルのフミヤを意識した生徒が前髪を
一部極端に伸ばすその髪型を真似てました。
入学式当日もかなりの人数が鼻の下あたりまで、てろりと前髪がたれており、
事前通告で前髪は眉上と聞いてはいましたが、かなりの抵抗勢力が通告を無視!
その結果、入学式終了時に学年主任が鬼の形相で生徒及び父母に対し、一喝!
校則を厳守する事と。その後、前髪たらりの生徒たちは順次体育教官室で断髪。
聖子ちゃんカットの女子も1人サイドのウェイブを全部切り落とされてました。

そんな厳しい高校に、今年姪っ子が入学しました。大人しい姪っ子に幸あれ!

画像4

田中:入学式といえば、中華料理店なのです。
外食など滅多にしない我が家で入学の時だけは特別だったのでしょう、
その日だけは家族で外食に行くのが慣例でした。

母親が好きな中華料理店が那珂川の山の方にあって、(今でもあるのかは不明ですが・・・)
入学式が終わった昼過ぎに家族みんなで行くのでした。
確か、その店で人生で初めてフカヒレのスープや北京ダックを食べた覚えがあります。
結構高級なお店だったんじゃないかと今になって思うのです。

というわけで、入学式は家族との思い出の中華料理店なのです。

画像5

グレッグ:スイスでは入学式がありません。学校はそのままで始まる。
それでいい思い出があんまり無い。。。(^o^;)
そしてスイスで学校は4月からじゃなくて、9月にはじめます、夏休みが終わった後に。

写真は私の小学校です!ハリー・ポッターみたいじゃないですか?

画像6

江島:入学式・・・、あまり思い出せませんが、強いて言えば大学の入学式のことです。
式典中にもかかわらず、中学時代の親友と久しぶりに再会した僕は、あれこれ話に花を咲かせていました。
すると前に座っていた方から「うるさいよ」と注意されてしまいました。

「大学生になったからといってあまり調子に乗ってはいけないな」と強く思った入学式でした。

 
 

画像7

渡辺:入学式の思い出と言えば掲示板に貼り出された「クラス表」です。 
そのクラス表に書いてあるクラスに並んで入学式が始まるのです。 

中学校は何学区も集まってくるので同じ小学校からの友達は2名しかいなく不安の中で入学式が終わりました。(*_*; 
不安も数日でまた新しいお友達が出来小学校時代より何倍も楽しい学校生活でした(*^▽^*) 

画像8

宮崎:中学校に入ると制服があるので入学式で制服を着ていくのが楽しみでした。
そして、入学当日に制服を着て学校に行き自分のクラスに入り席に座ると
後ろから私の肩をポンポンと叩く人がいるので振り向くと幼稚園の時に仲良しだった友達でした。
校区が違うので小学校の6年間は離れていたので久しぶりの再会に
お互い盛り上がり、
とてもうれしい入学式の思い出でした。

画像9

岩尾:入学式の記憶が小中高大どれもほとんどないのですが、
中学のおそらく入学式後に尋常じゃないくらいの教科書類を

全てカバンに詰め込んで持って帰らされたことはなんとなく覚えています。

卒業式のことはわりと鮮明に覚えているのですが、
入学式ってどうしてこんなに記憶にないんでしょう…不思議です;

画像10

秋山:も入学式の思い出はあまりないですが…
一番直近の大学の入学式のことです。
小中高の時のように門の前で写真を撮る人があまりいない中、
せっかくだからということで母が撮影してくれました。

ただ、カメラに慣れていない母がもたもたしているうちに
高校が同じ男の子たち(しかもチャラい感じの)が騒ぎながら近づいてくる声が聞こえて
母を急かして慌てて退散したのをぼんやりと覚えてます。

入学式って緊張とかもあり、あまり楽しい思い出がないから覚えてないのかなぁと
大学のことを思い出しながら思いました。

楽しい思い出と怒られたりよく覚えてない思い出に
別れてて面白いです!

そう言えば外国では9月始まりですよね
日本の学校と外観が全然違ってかっこいいです!

一覧へ戻る